キャッシングは年齢詐称ができない仕組みです

お金を借りるためには信用力を担保にする必要があり、信用を落とす嘘をつくのは一番いけないことです。キャッシングは年齢詐称ができない仕組みになっているので、未成年が20歳以上などと偽って借りることはできません。

何より嘘はすぐにバレてしまうので、バレる嘘なら最初からつかないほうがいいのです。審査を受けるときは虚偽の入力はせず、事実のみを申告してください。

年齢詐称が通用しない理由とは

未成年だけどお金を借りたいという状況はありえることです。そんなときに借入候補として挙がるのはキャッシングですが、原則として借入は20歳以上からとなります。20歳に達しているなら年齢詐称をする必要はなく、詐称するとしたら20歳未満の方でしょう。

1歳くらいごまかしてもバレないと思うかもしれませんが、そもそも契約するには本人確認書類が必要となります。収入証明は小額融資の場合は必要ないことが多いですが、本人確認書類は絶対に必要となります。免許証や健康保険証などを提示する必要があるので、嘘をついても確実にバレるわけです。

未成年は保護者の監視下にあり、自己責任において借入することができません。そのためローンの利用は年収の有無に関係なく20歳以上からとなっています。たとえ19歳で年収500万円を得ていても借りることはできませんから、20歳になるまで待ちましょう。

20歳以上で安定収入のある方のみが融資対象になるのです。勤務先情報に関しても年齢と同様に、嘘をついても在籍確認でバレてしまいます。記入した勤務先に電話連絡をされて、ここで申込者の在籍を聞かれるわけです。

年齢・勤務先・他社借入件数など、すべてに嘘は通用しないと考えてよいでしょう。

学生ローンは未成年でも融資を受けられる?

学生ローンなら年齢詐称などの小手先のテクを使わなくても、未成年OKと考えるかもしれません。しかし学生ローンは学生に特化しているだけで、融資内容は通常のキャッシングと大きく変わりません。借入できるのは20歳以上で収入が安定・継続していることが条件のため、未成年の学生は借りることができないのです。

ごく一部には18歳以上から融資してくれる会社がありますが、極めて稀なケースと考えてよいでしょう。

最近は学生でエステサロンを利用する方が増えていますが、エステローンも未成年は利用できません。未成年の場合は都度払いが基本となるように、融資そのものを受けることができないのです。審査の申し込みで嘘の記入をしても、内容に嘘がないか各種書類で調べられます。

学生の場合は免許証・保険証のほかに学生証の提示を求められるのが普通です。本格的に年齢詐称をするには公的な書類を偽造する必要がありますが、もちろん犯罪になるので絶対にやってはいけません。未成年は年齢詐称をして借りることはできないので、お金が必要なときは親に工面してもらうか、バイトをして稼ぐしかないでしょう。

ただしクレジットカードに関しては18歳から申し込みできるものが多いので、現金の持ち合わせがないときにカード払いにすることができます。

高齢者も年齢詐称は通用しません

キャッシングは20歳以上から借入ができますが、年齢上限があることも覚えておきましょう。例えば20歳~69歳までが申込可能年齢の場合は、70歳になると借りることができません。高齢者の場合も本人確認書類の提出は必須となりますので、年齢を詐称することはできないです。

一般的にほとんどのキャッシングは60代を融資の上限としており、70歳以上に対応しているローンは非常に少ないです。もし年齢にかかわらず貸してくれる会社があるとすれば、ほぼ悪徳業者と考えてよいでしょう。健全な金融機関ほど審査基準を明確に設定しており、簡単に借りられるなどという言葉は使いません。

消費者金融や街金から借りられないときほど、怪しい業者に遭遇してしまう可能性が高いので注意です。

現在のスペックで勝負をすること

キャッシングは土地・建物などの担保が必要ないかわりに、自身の信用力が問われます。ここでの信用力とは借金を延滞せずに、きちんと完済できる能力のことです。自分のスペックを偽らないと借入できない状況なら、借金をするべきではありません。

返済できない状態で借金をしても、延滞が続いて債務が膨らんでいくだけです。昔のキャッシングは年収を偽って記入する人が普通にいましたが、当時は黙認されることが多かったからです。そのため年収400万円の方が年収500万円に増額して申込するというケースがありました。

キャッシングの審査が厳格になったのは貸金業法が改正されてからで、グレーゾーンの廃止や総量規制による貸付制限などが誕生するとともに審査が厳格になったのです。年齢詐称はもちろん年収・他社借入件数などを偽って申し込みはできませんし、何より嘘はバレるので注意してください。

審査書類に間違って記載してしまうことは誰にでもありえますが、故意の悪質行為だと認められれば審査は通過しません。内容に虚偽の事実があると思われる場合は金融機関側から確認の連絡がありますので、ここで修正しておきましょう。

審査内容に間違いがあると審査に時間がかかり、融資まで遅くなってしまうので注意です。

キャッシングのコンビニ返済が便利です

社会人が年齢詐称をして学生ローンを利用することは可能?

学生ローンは学生に有利な仕組みになっており、実質年率が通常のキャッシングよりやや低くなっています。キャッシングの多くは初めて借りるときは18.0%になることが多いですが、学生ローンには16%台で借りられるローンがあります。

そのため社会人が年齢詐称をして学生として借りようとするケースがあるわけですが、学生証の提示を求められるので詐称はできません。ただし学生中に借入した学生ローンを完済できずに社会人になった場合は、そのまま継続的に利用できることがあります。

いずれにしても年齢詐称をする行為にはデメリットしかなく、そもそも詐称する意味がありません。嘘がバレてしまうと信用力がガタ落ちしてしまい、本来は借入できるローンも利用できなくなる可能性があります。年齢と年収・勤務先情報などは絶対に嘘をついてはいけない部分です。

複数社にまとめて申し込みすれば、まぐれで借入できると考える方もいますが、通用しませんし申し込みブラックになるので注意してください。ひと月に3~4件以上のキャッシングに申し込みすると、申し込みブラックとなり半年程度ローンの審査に通過できなくなります。